HOME > 都城の歴史観光スポット > 早水神社と髪長媛の泉

都城市中央部

早水神社と髪長媛の泉

早水神社と髪長媛の泉

早水神社と髪長媛の泉
髪長媛の泉

創建などは不明ですが、戦国時代の初期に北郷忠相(ほんごう ただすけ)が再興したと記録にあります。

境内には県指定の沖水古墳一基があります。江戸時代以降になって記紀の研究などから、仁徳天皇の后の髪長媛(かみながひめ)の誕生地説が生じました。

諸県君牛諸井(もろかたのきみうしのもろい)の娘で応神天皇に召されましたが、皇太子の仁徳天皇が彼女の美貌に惹かれて、皇太子妃に譲り受けたといわれています。

境内には髪長媛が使った泉があり、顔や手を洗うと美人になると伝承されています。また神社には神楽舞(かんめ)も伝わっています。

より大きな地図で 都城史跡 を表示