HOME > 都城の歴史観光スポット > 平田かくれ念仏洞跡

都城市周辺部

平田かくれ念仏洞跡

平田かくれ念仏洞跡

平田かくれ念仏洞跡

かくれ念仏は、薩摩藩の厳しい取締の目を逃れて秘密裏に浄土真宗を信仰すること。多くは講と呼ぶ秘密結社がつくられ、山中の他からを見えないような洞窟に集まって信仰していました。それらの洞窟を、かくれ念仏洞といいます。

都城近辺でその跡が残っている主なものは、山之口の田島念仏洞、有水の田辺念仏洞、乙房の平田念仏洞など。平田念仏洞は都城周辺の念仏洞の中心的な存在ではなかったかと考えられています。露見して拷問を受け殉教していった信者たちも数多いとのことです。

より大きな地図で 都城史跡 を表示