HOME > 都城島津伝承館 - 三猿蒔絵鞍鐙(さんさるまきえくらあぶみ)

三猿蒔絵鞍鐙

三猿蒔絵鞍鐙

三猿蒔絵鞍鐙

「見ざる」、「聞かざる」、「言わざる」の猿三匹が描かれた鞍(くら)と鐙(あぶみ)です。江戸時代には猿は馬を守る神として祀られていました。「慶長十五庚戌五月日」(1610)と年号が刻まれており、古い鞍を模して江戸時代初期に作られたものかも知れません。

都城島津伝承館 所蔵史料