HOME > 都城島津邸の経緯

都城島津邸

島津邸の経緯

明治12年 早鈴大明神の跡地に島津邸建設。
昭和10年 陸軍大演習に備え、邸宅を増改築。明治の建物の間取りを活かし、材料も活用。大演習の時、閑院宮(江戸時代中期に創立された宮家)が宿泊。
昭和28~29年 2階部分を増築。
昭和47年 昭和天皇宿泊のため大改装。窓に鉄格子、万一の場合に備えて非常口として螺旋階段を設置。