HOME > イベント・お知らせ > 都城島津伝承館企画展「都城島津家史料の魅力~後世に伝える文化財~」

都城島津伝承館企画展

都城島津家史料の魅力
~後世に伝える文化財~

6月29日(土)~10月6日(日)

更新日:2019年06月23日

都城島津家史料の魅力 ~後世に伝える文化財~

チラシPDF(600KB)

 

都城市に都城島津家史料が寄贈され、間もなく15年という月日が経ちます。また、今年は都城島津邸も開館して10年目を迎えています。
「都城島津家史料」の重要文化財「朝鮮国書」や、県指定文化財に指定されている史料「庄内地理志」等とともに、地域史料である寄贈・寄託史料も展示し、都城市における「都城島津家史料」の重要性や、その魅力について紹介します。

 


会期

令和元年6月29日(土)~10月6日(日)
9時~17時(入館は16時30分まで)

休館日は毎週月曜日
(祝日と月曜日が重なる場合は翌日)


観覧料(税抜)

  • 一般 200円(150円)
  • 大学生・高校生 150円(100円)
  • 中学生以下 無料
  • ( )内は20名以上の団体料金
  • 本宅は別途、小学生以上100円

主な展示史料

  • 重要文化財「朝鮮国書」
  • 宮崎県指定有形文化財「庄内地理志」、「三国筆苑」
  • 都城市指定文化財「緋羅紗地丸に十字紋陣羽織」、「鉄錆地紺糸威瑠璃斎胴具足」

 

展示資料一覧


 

関連行事

「島津家文書・樺山(かばやま)家文書からみる都城島津家史料」

講演会
「島津家文書・樺山(かばやま)家文書からみる都城島津家史料」

日時 8月24日(土)開場 13時半、開演14時
会場 都城市コミュニティセンター 集会室 [地図]
講師 東京大学史料編纂所 助教 小瀬 玄士氏
申込 入場無料・事前申込不要

 

お知らせ