ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

保育所等の対応(登園自粛のお願い)

記事ID:0016926 更新日:2021年1月21日更新

保育所等は、感染の予防に留意したうえで原則として開所しますが、乳幼児や保育士の安全確保と保育所等の運営継続のため、仕事が休みの場合など家庭での保育が可能な保護者は、登園自粛に協力ください。

なお、 保護者の皆さんは、日常生活における手洗い等の感染予防努めるとともに、各施設が実施する感染予防対策に引き続き協力ください。

登園自粛のお願いの期間 

令和3年1月7日(木曜日)~令和3年2月7日(日曜日)

保育料等の取扱い

保育料

0歳~2歳児の児童が登園自粛した場合には、保育料の減額(日割り計算)を行います。保育料の減額の手続きは、各施設が行いますので、保護者の皆さんの手続きは不要です。

副食費

3歳~5歳児の児童が登園自粛した場合の副食費については、各保育所等が、あらかじめ利用しない日を把握し、配食準備に計画的に反映することが可能である場合には減額等の取扱いがあります。

各保育所等の規定にしたがって取扱うことになりますので、利用している施設に問い合せください。

感染拡大防止のためのお願い

  • 37.5度以上の発熱がある場合や咳等の呼吸器症状がある場合は利用を控えてください。
  • 不特定多数の接触を避け、不要不急の外出は控えてください。

新型コロナウイルス感染症に児童や職員が感染した場合の対応

当該施設を利用する児童又は職員が感染した場合

感染拡大防止のため、臨時休園になります。休園期間は、当該者が最後に登園した日の翌日から3日間になります。

当該施設を利用する児童の同居親族が感染した場合

当該児童は、登園停止(14日間)になります。

その他

休園期間中又は登園停止中は感染拡大防止のため、他の施設の一時預かり、病児保育やファミリー・サポート・センター、児童発達支援事業所等の利用は自粛ください。詳しくは、登園自粛のお願い [PDFファイル/67KB]で確認ください。

※臨時休園となった際の保育料等は、減免になります。​

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?