ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民向け緊急対策 > その他の緊急対策 > 都城市児童生徒応援プロジェクト

本文

都城市児童生徒応援プロジェクト

記事ID:0017754 更新日:2020年4月23日更新

市では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により、臨時休業となっている児童生徒の自宅学習を支援するため、動画配信サービス「YouTube」を活用した「児童生徒応援プロジェクト」を令和2年4月23日、スタートしました。 
投稿動画は、これまでに学習した内容を中心に、小・中学校の各教科における児童生徒の学習意欲の維持と向上を目的に、理解しやすいよう工夫しています。

掲載先

動画配信サイト「YouTube」のチャンネル「動画都城市」 <外部リンク>

掲載期間

緊急事態宣言の終了する日

授業者

各教科の指導教諭など

公開中の授業

中学校数学(高崎中学校 早崎※聡美 指導教諭)

  • よくまわる三角形のコマをつくろう(約10分)
  • 立方体をいろいろな方向から考えるようになろう(約8分)
  • トランプを使って正の数・負の数の計算を得意にしよう(約5分)

※「崎」は、「たつさき」が正しい表記

中学校理科(沖水中学校 木村光伸 教諭)

  • 双眼実体顕微鏡について(約7分)
  • 光の性質について(約7分)
  • 大気圧について(約6分)

公開準備中の授業 ※4月27日(月曜日)以降に投稿予定

小学校の授業

プロジェクトの周知方法

  • 4月28日(火曜日)実施予定の登校日に、児童生徒へプリント配布
  • 学校安全安心メールを活用した保護者(登録者)へのメール送信

予算

ゼロ予算


県内の発生情報<外部リンク>

LINEバナー

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?