ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > よくある質問・相談 > 新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問

本文

新型コロナウイルス感染症に関するよくある質問

記事ID:0017884 更新日:2020年7月30日更新

新型コロナウイルス感染症関連で市に寄せられた質問のうち、特に多い内容を掲載しています。

問1
市が情報提供している感染者情報だけでは不安だ。なぜ、もっと詳しい内容を公表しないのか

宮崎県の新型コロナウイルスに感染した人の情報は、県(各保健所)または宮崎市(宮崎市保健所)が調査し、患者の個人情報保護に配慮した上で、感染拡大防止に必要な情報が関係市町村へ提供されています。
このため、宮崎県(都城保健所)や宮崎市(宮崎市保健所)から提供を受ける情報が全てであり、本市はこの情報を基に行動しています。

なお、本市が独自に感染者の行動履歴を調査し、公表することはできません。

また、新型コロナウイルス感染症をめぐって、嫌がらせや誹謗中傷を受けるなどの事例がおこっています。公的機関の提供する正確な情報を入手し、冷静な行動に努めていただくようお願いします。

問2
新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者とはどのような人か

宮崎県では、国の示す定義に基づき、県(各保健所)または宮崎市(宮崎市保健所)が、周辺の環境や、接触の時間などの個々の状況から濃厚接触者の有無を総合的に判断しています。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般向け)(厚生労働省ホームページ)より<外部リンク>

新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった人について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。

濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は、「距離の近さ」と「時間の長さ」の2つです。

必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合は濃厚接触者と考えられます。

ただし、15分間、感染者と至近距離にいても、マスクの有無や会話、歌唱など発声を伴う行動、対面での接触の有無など、「3密」の状況などにより、感染の可能性は大きく異なります。そのため、最終的に濃厚接触者に当るかどうかは、具体的な状況から総合的に判断しています。

なお、速やかに感染者を把握する観点から濃厚接触者についても原則検査を行う方針となっており、検査結果が陰性となった場合であっても、感染した人と接触した後14日間は、健康観察期間となり、不要不急の外出を控えるなど、保健所が指示します。

問3
新型コロナウイルス感染症の対策として、事業者だけでなく、市民にも市独自の支援はないか

本市独自の支援として「がんばろう都城!ふるさと応援券事業」、「ひとり親世帯への臨時特別給付金」、「収入減世帯への保育料等減免支援」などがあります。

市民向け緊急対策

問4
新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が大きく減少した、事業者向けの給付制度はないか

事業者向けに、本市独自で「がんばろう都城!事業者支援金」や「飲食店応援プロジェクト」などがあります。また、国・県においても複数の制度があります。

本市独自

国・県等

問5
PCR検査を断られているといった噂がある。なぜ、検査できないのか

新型コロナウイルス感染症に関するPCR検査については、各地域の保健所の所管であり、本市では都城保健所が担当しています。
都城保健所は宮崎県が運営し、一方、中核市である宮崎市は独自に保健所を運営しています。本市でのPCR検査に関しましては、全て宮崎県の権限で行われており、本市としては、これに一切関わることができません。

PCR検査については、宮崎県庁もしくは各地域の保健所へ問い合わせください

問6
新型コロナウイルスや感染症予防などの情報を知りたい

次のページで確認ください。


県内の発生情報<外部リンク>

LINEバナー

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?