ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 行事・イベント・施設情報 > 小中学校・保育所等情報 > 都城市立小・中学校感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)の改訂

本文

都城市立小・中学校感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)の改訂

記事ID:0021004 更新日:2020年6月11日更新

小・中学校再開に向け、令和2年5月19日にガイドラインを改訂しました。
今回、国や県の指針をもとに、都城市教育委員会として感染症リスクを低減するため、さらにガイドラインを改訂します。
なお、期間については令和2年6月11日以降とし、今後の感染状況により、必要に応じて改訂・追加します。

都城市立小・中学校版感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)6月11日改訂版 [PDFファイル/430KB]

主な改訂点(教育活動上の主な留意点)

学校行事など

修学旅行・宿泊学習:2学期以降、実施可能

実施の際は、旅行サービス提供事業者等と、感染防止対策について十分な協議を行います。

遠足・校外学習等:実施可能

  • バスを利用する場合は、修学旅行同様、バス会社や見学先の事業者等と、感染防止対策について十分に協議を行います。
  • 徒歩で移動する場合にも、安全に十分配慮しながら児童生徒の距離を確保します。

参観日・保護者会等:実施可能

  • 3つの密が重ならないよう、実施内容や方法(例えば、学年ごとの分散開催や参観人数の制限など)を工夫して行います。
  • 保護者会等については、必要性が高いと判断される場合、感染症予防に十分配慮した上で実施することができます。

運動会・体育大会:2学期以降、実施可能

  • 運動会・体育大会の実施に当たっては、3つの密が重ならないよう、実施内容や方法(例えば、半日開催、分散開催など)を工夫して行います。
  • 児童生徒が密集する運動や、児童生徒が近距離で組み合ったり、接触したりする場面が多い運動については、安全な実施が困難である場合、実施を見合わせることがあります。
  • 開閉会式での児童生徒の整列、児童生徒による応援、保護者等の参観、児童生徒や保護者が昼食をとる場所等についても、一度に大人数が集まって人が密集しないような工夫をします。
  • 保護者等に対しても、手洗いや咳エチケット等の基本的な感染症対策への協力をお願いします。

学習発表会・文化発表会:2学期以降、実施可能

  • 学習発表会、文化発表会の実施に当たっては、3つの密が重ならないよう、実施内容や方法(例えば、半日開催、分散開催、校内放送の活用など)を工夫して行います。
  • 児童生徒の鑑賞の形態、保護者等の参観、昼食の在り方など、一度に大人数が集まって人が密集しないような工夫をするとともに、保護者等に対しても、手洗いや咳エチケット等の基本的な感染症対策への協力をお願いします。

鑑賞教室:6月11日以降、実施可能

3つの密が重ならないよう、実施内容や方法(例えば、学年ごとの分散開催や密にならない会場設営など)について、事業者と感染防止対策について十分な協議を行います。

水泳指導:1学期は実施しない

なお、夏休みのプール開放も行いません。
2学期に実施する際は、3つの密が重ならないよう、授業における指導方法や更衣の方法(例えば、身体的距離の確保や密にならない更衣場所の確保など)を工夫して行います。

部活動:実施可能

ただし、6月14日(日曜日)までは練習試合や大会等への参加は自粛します。
平日の活動時間は、更衣、準備、片付け等を含め、長くとも2時間程度とします。学校の休業日(学期中の週末を含む)は3時間程度とします。できるだけ短時間に、合理的でかつ効率的・効果的な活動を行います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


県内の発生情報<外部リンク>

LINEバナー

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?