ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 事業者向け緊急対策 > その他の緊急対策 > 農畜産業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインを改正しました

本文

農畜産業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインを改正しました

記事ID:0021216 更新日:2020年6月19日更新

農林水産省から示された、農畜産業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応や業務継続に関する基本的なガイドラインの改正等について紹介します。

​新型コロナウイルス発生時対応・業務継続ガイドライン改正

【改正】ガイドライン(農業)

農業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応や業務継続に関するガイドライン

【改正】ガイドライン(農業) [PDFファイル/314KB]

【改正】ガイドライン(畜産)

畜産における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応や業務継続に関するガイドライン

【改正】ガイドライン(畜産) [PDFファイル/354KB]

【改正】ガイドライン(食料産業事業者)

食料産業事業者における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応や業務継続に関するガイドライン

【改正】ガイドライン(食品) [PDFファイル/323KB]

ガイドライン中のポイントの一部補足

農林水産省から示された、令和2年度の熱中症予防行動を踏まえた新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインの補足について紹介します。

  • 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外やハウスで人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
  • 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?