ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > ワクチン接種 > ワクチン接種関連 > 新型コロナワクチン接種についてお知らせします

本文

新型コロナワクチン接種についてお知らせします

記事ID:0031223 更新日:2021年5月14日更新

ワクチンとは、発症予防・重症化予防が想定されており、感染予防の効果を期待するものではありません。
日頃の手洗い・うがいと十分な休養・食事、マスクを着用する「咳エチケット」を一緒に行い、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めましょう。

新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと [PDFファイル/6.11MB]

接種開始時期

ワクチン接種会場と日程をお知らせしますを確認ください。

ワクチン接種の優先順位

国が示している優先順位は、次のとおりです。

1.医療従事者など

  • 病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む、以下同じ。)に頻繁に接する機会のある医師、その他の職員
  • 薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師、その他の職員(登録販売者を含む。)
  • 新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員など、海上保安庁職員、自衛隊職員
  • 自治体などの新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務を行う人

新型コロナワクチン接種のお知らせ(医療従事者の方へ) [PDFファイル/173KB]

2.高齢者

令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた人。

年齢別のワクチン接種予約受付開始日

  • 85歳以上:5月6日(木曜日)
  • 80歳以上:5月10日(月曜日)
  • 75歳以上:5月12日(水曜日)
  • 74歳、73歳:5月19日(水曜日)
  • 72歳、71歳:5月20日(木曜日)
  • 70歳、69歳:5月21日(金曜日)
  • 68歳、67歳:5月24日(月曜日)
  • 66歳、65歳:5月25日(火曜日)

※令和4年3月31日時点での年齢です

3.高齢者以外で基礎疾患を有する人

次の病気や状態の人で、通院/入院している人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例:BMI30の目安は、身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

4.高齢者施設などの従事者

高齢者が入所・住居する社会福祉施設など(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・住居する障害者施設・救護施設など)において、利用者に直接接する職員。
ただし、サービスの種類、職種は限定しません。

5.それ以外の人

接種場所

ワクチン接種会場と日程をお知らせしますを確認ください。
接種場所によって取り扱うワクチンの種類が異なる可能性がありますので、原則、1回目と2回目ともに同じ場所で予防接種を受けてください。

住民票がある場所(住所地)以外での接種

  • 入院・入所中の医療機関や施設でワクチンを受ける人は、医療機関や施設で相談ください。
  • 基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける人は、医療機関で相談ください。
  • 実際の居住地が住所地と異なる人は、実際に居住する地域でワクチンを受けられる場合があります。詳しい内容が決まり次第、ホームページなどでお知らせします。

接種費用

無料

接種を受けるまでの流れ

  • 事前に、市から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」「予診票」が届きます。
  • 自身が接種可能な時期が来たことを確認ください。
  • ワクチンを受けることができる接種会場や医療機関を決めてください。
  • 電話、LINE、ウェブのいずれかで予約をしてください。接種券番号、生年月日、電話番号が必要です。※ワクチンは2回接種が必要です。1回目の3週間後の同じ曜日が2回目の接種日となります。

予約方法など詳しくは、ワクチン接種予約についてお知らせしますを確認ください。

接種当日

持参物

  • 接種券(市からワクチン接種の優先順位に沿って発送)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
  • 予診票(治療中の病名や服薬中の薬、過去のアレルギー症状の有無などを自宅で記入し、会場に持参)
  • 接種券は2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。毎回、切り離さず台紙ごと持参ください。

接種同意

ワクチンを受けるには、本人の同意が必要です。
現在、何かの病気で治療中の人や、体調など接種に不安がある人は、かかりつけ医に相談の上、ワクチンを受けるかどうか判断ください。

当日接種できない人

予約日に次の症状があると接種できませんので、改めて予約ください。

  • 37.5℃以上の発熱
  • せき
  • 強いだるさ
  • 息苦しさ
  • 下痢
  • おう吐・はき気
  • のどの痛み
  • においや味が分からない(わかりにくい)
  • 「新型コロナウイルスに感染した人や感染の疑いのある人」と接触した(可能性がある)

当日の服装や会場での注意事項

  • 「マスク」を正しく着用
  • 「肩を圧迫せず、完全に露出できる服装」(半袖やノースリーブなど)
  • 「かかとの低い靴」(会場を痛める恐れがあるため)
  • 接種後15~30分程度、会場内で経過を見る必要があります。

接種後の注意点(ファイザー社のワクチン版) [PDFファイル/701KB]

血をサラサラにする薬を飲まれている方へ [PDFファイル/544KB]

国からのお知らせ

新型コロナワクチンの接種に関するお知らせや、ワクチンについての情報、質問への回答など、詳しくは次のホームページを確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?