ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > ワクチン接種 > ワクチン接種関連 > 【受付終了】基礎疾患を有する12歳以上60歳未満の人へ接種券を優先送付します

本文

【受付終了】基礎疾患を有する12歳以上60歳未満の人へ接種券を優先送付します

記事ID:0036342 更新日:2021年9月3日更新

都城市では、新型コロナワクチン接種対象者の皆さんへの接種券の送付が完了したので、優先接種の受付を終了しました。

優先接種概要

新型コロナウイルスワクチン接種で、基礎疾患を有する人は、医療従事者、高齢者に次ぐ接種順位です。市では、基礎疾患を有する12歳以上65歳未満の人から届出があった場合は、優先して接種券を送付します。

かかりつけ医に相談の上、検討ください

基礎疾患を有する12歳以上65歳未満の人は、かかりつけ医に相談の上、接種方法(医療機関での個別接種または、接種会場での集団接種)や接種を受ける時期を検討ください。
かかりつけの医療機関で接種ができない場合は、市が設置する集団接種会場で接種を受けることもできます。その場合は、自ら市に届け出をお願いします。

対象者

通院又は入院している次の病気や状態の人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

または、基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

注意事項

基礎疾患に該当するか、接種の可否等については、事前に主治医等に相談ください。診断書等の書類の提出は不要ですが、接種前の予診で接種の可否を判断することがあります。

届出書提出期限

第1次締め切り

令和3年6月30日(水曜日)【締め切りました】

第2次締め切り

令和3年8月31日(火曜日)【締め切りました】

接種券送付時期

第1次締め切り分

令和3年7月5日

第2次締め切り分

受理後、随時送付します

※12歳になる人は、接種日時点で満12歳の人が接種対象となりますので接種券の発送は接種可能日を勘案して発送します

届出書の受理

届出書を新型コロナワクチン接種対策室内で受理したことを通知する書類は発行しません。届出書に不備等がある場合、連絡しますので、届出書には電話番号を必ず記載ください。

予約や接種会場

予約や接種会場等については、決まり次第、ホームページ等でお知らせします。


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?