ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 都城島津邸 > イベント情報 > イベント情報 > 都城島津伝承館企画展 北郷三代 忠相・忠親・時久と戦国時代

本文

都城島津伝承館企画展 北郷三代 忠相・忠親・時久と戦国時代

記事ID:0078906 更新日:2020年7月31日更新 印刷ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示

展示概要

戦国時代の南九州はまさに激動の時代でした。島津本家が薩摩・大隅・日向三国統一を果たすと、その後は九州北部にまで戦線を拡大し、九州のほぼ全土を席捲するに至ります。その後島津本家は、豊臣政権に敗北を喫すると、豊臣大名として、朝鮮出兵・太閤検地と、困難な出来事に対処していくことになります。

一方、都城盆地では、16世紀の中ごろ、北郷家8代忠相が次第に勢力を伸ばし、9代忠親とともに、広大な都城盆地を統一することに成功し、島津本家に大きな影響を与えるまでに成長します。そして、それを受け継いだ10代時久の時代には、北郷家最大の版図を誇り、島津本家との関係においても政治的・軍事的地位を確固たるものとしました。後の鹿児島藩における都城島津家3万5千石の基礎をつくりあげたのもこのときです。

本展では、この激動の南九州を生きた北郷忠相・忠親・時久の3代に焦点を当て、彼等の生涯について、関連する史料を展示して紹介します。

会期

令和2年8月1日(土曜日)~令和2年10月11日(日曜日)

観覧料

  • 一般220円(160円)
  • 高校生・大学生160円(110円)
  • 中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※本宅の観覧は別途110円

展示関連資料

企画展チラシ [PDFファイル/11.15MB]

企画展展示史料一覧 [PDFファイル/869KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)