ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 文化振興 > 文化・芸術活動助成 > 令和3年度芸術・文化事業補助金交付団体は事業終了後に補助金等交付申請書等の提出が必要です

本文

令和3年度芸術・文化事業補助金交付団体は事業終了後に補助金等交付申請書等の提出が必要です

記事ID:0037724 更新日:2021年7月15日更新

芸術・文化活動を行う団体に対して補助金を交付します。

※令和3年度都城市芸術文化振興補助金の応募受付は終了しました。

対象団体

芸術・文化活動を目的とし、構成員の過半数が市内在住で、主に市内を活動拠点としている団体

対象事業

  • 芸術・文化を担う人材を育成する事業
  • 芸術・文化の研究調査活動事業
  • 芸術・文化活動の成果を発表する事業
  • 文化活動の向上のために、外部から講師や指導者を招いて実施する事業
    ※学校・企業などが行うもの、教授所・教室などが行う稽古ごと、習いごとの発表会については、対象外です

対象事業の実施期間

令和4年2月28日までに事業が完了すること
※事業完了からさかのぼって1年間を上限とします

補助金額

補助対象経費の総額から収入(入場料、協賛金等)を差し引いた額の2分の1以内(千円未満切捨て)で30万円を限度とする。ただし、審査会が必要と認めた事業については、50万円を限度とする。なお、補助金額が5万円未満となるものは対象としない。

事業完了後の提出書類

事業完了後3ヶ月以内または令和4年3月10日のいずれか早い日までに提出ください。

  1. 補助金等交付申請書(様式第1号) [Wordファイル/23KB](署名を行う場合は、押印は不要です。)
  2. 事業実績書 [Wordファイル/36KB]
  3. 収支決算書 [Wordファイル/46KB]
  4. 領収書の写し
  5. その他資料(パンフレット、チラシ等)
  6. 請求書 [Excelファイル/45KB](口座振替の場合は、署名することで押印に代えることができます。窓口払いの場合は押印が必要です。)
  7. 【記入例】補助金等交付申請書一式 [PDFファイル/495KB]

要綱

都城市芸術文化振興補助金交付要綱 [PDFファイル/114KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?