ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 障がい者のための福祉 > 福祉に関する計画・施策 > 令和2年度都城市障がい者就労施設等からの物品等の調達方針及び令和元年度調達実績

本文

令和2年度都城市障がい者就労施設等からの物品等の調達方針及び令和元年度調達実績

記事ID:0020360 更新日:2020年6月1日更新

本市における令和2年度の調達方針を次の通り公表します。

令和2年度都城市障がい者就労施設等からの物品等の調達方針(抜粋)

制定日

令和2年6月1日

趣旨

国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律第9条第1項の規程に基づき、障がい者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針を定め、本市における障がい者就労施設等優先調達の一層の推進を図ります。

適用の範囲

本市の市長部局ほか、各委員会事務局、上下水道局及び消防局とします。

対象となる障がい者就労施設など

国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律第2条第2項及び第4項に掲げる施設です。

  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規定する施設
  • 障がい者の地域における作業活動の場として必要な費用の助成を受けている施設
  • 障害者の雇用の促進等に関する法律に定める重度身体障がい者、知的障がい者又は精神障がい者である労働者を多数雇用する事業所として政令で定める事業所

調達目標

令和2年度の調達目標額:前年度の調達実績を上回る額

調達の対象品目

市が契約によって調達する物品又は役務のうち、障がい者就労施設などが受注することが可能なものとします。

調達の推進方法

  • 障がい者就労施設などが供給できる物品などの情報を収集し、その調達の推進のために各機関に提供します
  • 物品などの調達に当たっては、地方自治法施行令や都城市財務規則などの関係規定に従い、予算の適正な執行に配慮しつつ、随意契約制度を活用し、障がい者就労施設などからの物品などの調達に努めます
  • 物品などの調達に当たっては、障がい者就労施設などの障がい特性などに留意した納期を設定するなどの配慮に努めます
  • 障がい者就労施設などと情報交換を行いながら、障がい者就労施設などからの調達が促進されるよう取り組むものとします

調達実績の公表

当該年度終了後、速やかに前年度の障がい者就労施設などからの物品などの調達実績の概要を取りまとめ、公表します。

令和元年度 調達実績

件数

12件

金額

5,791千円


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?