ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 障がい者のための福祉 > 障がいのある人のための支援 > 身障者手帳を持たない児童・生徒へ補聴器の購入などの費用を助成します

本文

身障者手帳を持たない児童・生徒へ補聴器の購入などの費用を助成します

記事ID:0003264 更新日:2019年10月29日更新

身障者手帳を持たない児童・生徒へ補聴器の購入(修理)費用の助成内容は次のとおりです

対象

両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、聴覚障害に関して身体障害者手帳の交付対象とならない18歳以下の人。ただし、所得制限があります。

助成内容

補聴器の購入・修理に要する費用(基準額あり)の3分の2を助成します。なお、生活保護世帯、市民税非課税世帯は全額を助成します。
原則、1台(片耳)ですが、医師の診断により2台(両耳)給付できる場合があります。

必要書類

助成を受けるには、宮崎大学医学部付属病院難聴支援センターの医師の判定が必要です。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?