ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 事業者に必要な各種手続き > その他の手続き > 自立訓練や就労移行支援事業の標準利用期間を超える更新決定の取り扱いをお知らせします(事業者あて)

本文

自立訓練や就労移行支援事業の標準利用期間を超える更新決定の取り扱いをお知らせします(事業者あて)

記事ID:0034092 更新日:2021年4月1日更新

障害福祉サービス事業のうち、自立訓練(生活訓練・機能訓練)、就労移行支援事業については、サービス利用の長期化を防ぐため、標準利用期間が設定されています。
しかし、標準利用期間では十分な成果が得られず、かつ、引き続きサービスを提供することによる改善の効果が具体的に見込まれる場合、最大1年間の更新(原則1回)をすることができます。

取り扱い内容

取り扱いについて詳しくは、標準利用期間を超える更新決定の取扱いについて [PDFファイル/201KB]で確認ください。

更新方法

利用事業者から次の書類の提出が必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?