ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい・道路 > 道路整備 > 令和2年度当初予算 基幹道路などの整備 高木広瀬線(交差点改良)

本文

令和2年度当初予算 基幹道路などの整備 高木広瀬線(交差点改良)

記事ID:0014762 更新日:2020年3月20日更新

令和2年度当初予算の基幹道路などの整備のうち、高木広瀬線(交差点改良)について紹介します。

事業目的

本交差点は、現在、整備している街区三股線(山之口町)から山田町までの広域を結ぶ道路の通過点のひとつです。現在、 高木広瀬線が主道路となっていますが、広域を結ぶ従道路の太郎坊138号線の 交通量が増加しており、今後もこの傾向が続くことが見込まれます。 このため、交差点改良を行い、適切な交通の流れを確保し、医師会病院や北消防署への交通の利便性の向上と事故防止を図ります。

事業概要

事業内容

交差点改良

事業期間

令和2年度~令和5年度

総事業費

100,000千円

※令和2年度は、測量調査、交差点予備設計を行います

予算額

5,000千円

【内訳】

委託費:5,000千円


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?