ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 国民健康保険・後期高齢者医療 > 国保税の軽減・減免 > 災害による国民健康保険税の減免についてお知らせします

本文

災害による国民健康保険税の減免についてお知らせします

記事ID:0050353 更新日:2022年12月13日更新

台風14号の災害により、住宅、家財に被害を受けられ、国民健康保険税の納付が困難になったときは、その被害の程度に応じて、国民健康保険税の減免が受けられる場合があります。

減免の対象となる国民健康保険税額

令和4年度分の税額のうち災害を受けた日以後の納期に係る保険税です。

減免の申請対象者

災害により被害を受け、次の条件を満たす人が減免申請の対象となります。

  1. 国保加入者の所有する住宅、家財に被害を受けられた人
    ​※浸水被害は、床上浸水以上が対象
  2. 災害により住宅、家財に30%以上に相当する額の損害を受けられた人
    ※損害の額は、保険金などにより補填されるべき金額を控除した額

申請について

令和5年4月30日までに、下記の必要書類を、最寄りの市役所窓口(保険年金課・各総合支所地域生活課・各市民センター)へ提出ください。郵送でも申請できます(令和5年4月30日必着)。

必要書類

ぴったりサービスによるオンライン申請が便利です!

国が運営する「ぴったりサービス(マイナポータルのオンライン申請機能)」を使って、国民健康保険税の減免申請ができます。
詳しくは、ぴったりサービス「【災害】国民健康保険税の減免申請」<外部リンク>〈外部リンク〉を確認ください。

減免の割合について

損害金額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)がその住宅または家財の価格の10分の3以上あり、令和3年中の合計所得金額が、1,000万円以下のとき、以下の減免割合を保険税に乗じて得た額を減額・免除します。
減免額の割合は次のとおりです。

令和3年中の合計所得金額:500万円以下であるとき

  • 損害の程度が10分の3以上10分の5未満:減免割合 2分の1
  • 損害の程度が10分の5以上:減免割合 全額

令和3年中の合計所得金額:500万円を超え750万円以下であるとき

  • 損害の程度が10分の3以上10分の5未満:減免割合 4分の1
  • 損害の程度が10分の5以上:減免割合 2分の1

令和3年中の合計所得金額:750万円を超え1,000万円以下であるとき

  • 損害の程度が10分の3以上10分の5未満:減免割合 8分の1
  • 損害の程度が10分の5以上:減免割合 4分の1

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?