ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 米と転作 > 新市場開拓に向けた水田リノベーションを支援します

本文

新市場開拓に向けた水田リノベーションを支援します

記事ID:0032580 更新日:2021年2月18日更新

輸出等の新市場開拓を図るため、実需者ニーズに応じた価格・品質等に対応するために必要となる低コスト生産等の取り組みを行う農業者の皆さんを支援します。

対象者

水田(※1)において対象作物を生産する販売農家・集落営農
※1水田活用の直接支払交付金の交付対象水田

対象作物

令和3年産(基幹作)の新市場開拓用米、加工用米、麦・大豆(※2)、高収益作物(野菜・果樹等)(※3)
※2麦・大豆は、輸出向け又は加工向けが対象です。
※3高収益作物は、輸出向け又は加工・業務用とし、水田活用の直接支払交付金の産地交付金で令和3年産に支援を予定している品目が対象です。
都城市農業再生協議会は事業採択の可能性を検討した結果、加工用米、大豆のプランを策定します。

支援の内容

作物毎に定める低コスト生産等の取組面積に応じて、4万円/10aを支援します。
※低コスト生産等の取り組みは次の参考資料の取り組みを確認ください。

要件・留意事項

  1. 産地と実需者が連携して輸出や加工等に取り組むプランを策定し、農業者がそのプランに位置づけられていること。
  2. 農業者又は農業者と出荷契約を締結する集出荷業者等が実需者と販売契約を締結する又は出荷契約・販売契約を締結する計画を有していること。
  3. 本事業で支援を受けた水田の面積は、令和3年度の水田活用の直接支払交付金の戦略作物助成(加工用米:2万円/10a、麦・大豆3.5万円/10a)及び都道府県に対する産地交付金の取組に応じて追加配分(新市場開拓用米:2万円/10a)の対象面積から除きます。
  4. 本事業は農業経営基盤強化準備金制度の対象ではありません。

※この事業は採択審査の結果、助成対象とならない場合があります。

申請面積・申込期限

水田リノベーション事業は参考様式(取組計画書)の提出が必要です。提出については、都城市農業再生協議会、都城市農産園芸課、各総合支所産業建設課にご相談ください。
申込期限 令和3年2月26日(金曜日)午前中まで

事業に関する問い合わせ先

都城市農業再生協議会(電話:0986-36-5133)
都城市農産園芸課(電話:0986-23-2425)
山之口総合支所産業建設課(電話:0986-57-3113)
高城総合支所産業建設課(電話:0986-58-2311)
山田総合支所産業建設課(電話:0986-64-1113)
高崎総合支所産業建設課(電話:0986-62-1111)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?