ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 農業経営の支援 > 被災産地営農継続緊急支援事業の公募が始まりました

本文

被災産地営農継続緊急支援事業の公募が始まりました

記事ID:0051079 更新日:2022年11月7日更新

令和4年台風第14号により甚大な被害を受けた産地に対し、種苗等の生産資材の調達など栽培再開や作物転換等に必要な取組を支援することにより、速やかな回復と営農継続を図ります。
(参考)被災産地営農継続緊急支援事業チラシ [PDFファイル/1.12MB]

※事業の詳細については、宮崎県農業・水産業ナビ ひなた Mafinのホームページ<外部リンク>で確認ください

補助対象等について

予算額を要望額が上回る場合は補助単価が減少する可能性があります。

営農継続支援事業

補助対象経費

ほ場の冠水等により、農作物の被害を受けたほ場において、被災作物の栽培再開や被災を機に作物転換を図る際に必要な種苗や肥料等の掛かり増し経費の2分の1相当額を定額で支援します。​

補助対象者

営農集団、農地所有適格法人など

補助額

施設園芸作物
  • 栽培再開(植替):10アール当たり15万円
  • 作物転換(他作物の作付):10アール当たり15万円
  • 栽培再開(植替なし):10アール当たり8万円
露地作物
  • 栽培再開(播き直し、植替):10アール当たり2万円
  • 作物転換(他作物の作付):10アール当たり2万円

被災施設等復旧支援事業

補助対象

被災により機能が低下した共同利用施設等の補修・修繕に要する経費を支援します。

補助率に

2分の1以内

補助金の申請について

申請時に必要な書類

  1. 被災産地営農継続緊急支援事業申請書
    (様式)被災産地営農継続緊急支援事業申請書 [PDFファイル/95KB]
  2. 県税の納税証明書
  3. 台風被害前の作付していた苗等の領収書等(令和4年9月17日以前のもの)
  4. 台風被害後に植替等を行った苗等の領収書等(令和4年9月17日以降のもの)
  5. 被災状況が確認できる写真(撮影したものがある場合)

市を通して申請する場合の提出期限

  • 第1回申請締切:令和4年11月14日(月曜日)午後5時15分まで
  • 第2回申請締切:令和4年12月12日(月曜日)午後5時15分まで

※正午~午後1時を除く

市を通して申請する場合の提出先

〒885-8555
都城市姫城町6街区21号
農政部 農産園芸課(本庁舎 4階)
ファクス:0986-23-2425
メール:[email protected]
※ファクス、メールでの提出も可能です。希望する人は事前に連絡ください

不明な点等がある場合は、次の連絡先に問い合わせください。

宮崎県農政水産部農産園芸課(生産振興企画担当)
電話:0985-26-7135

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?