ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

介護予防・日常生活支援総合事業

記事ID:0001990 更新日:2019年10月29日更新

これから高齢化が進むにつれて、ひとり暮らしや高齢者のみの世帯、認知症の高齢者が増加していくことが予想されます。高齢者の皆さんが、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域全体で高齢者を支えるとともに、自分自身の持つ能力を最大限に生かして、介護が必要な状態にならないよう、予防することが大切です。

総合事業は、高齢者の皆さんの介護予防と日常生活を支援することを目的としています。

事業概要

介護予防・日常生活支援総合事業の概要 (PDFファイル/1.88メガバイト)

※都城市は、介護予防・日常生活支援総合事業を平成28年4月より開始しました

事業の構成

介護予防・日常生活支援総合事業は、次の2つの事業で構成されています。

介護予防・生活支援サービス事業

対象者

要支援1・2の認定を受けた人、基本チェックリストで事業対象者と判断された人

一般介護予防事業

都城市内に在住する65歳以上の高齢者

介護予防・生活支援サービス事業

事業の内容

本市では、平成28年4月から、次のサービスを開始しました。

  • 総合事業訪問介護(訪問型サービス)
  • 総合事業通所介護(通所型サービス)
  • 元気アップデイサービス(通所型サービス)
  • 生活おたすけサービス(訪問型サービス)

※住民主体による支援や短期集中型サービスなどは、十分な実施体制が確保されたものから、順次実施していきます

事業を利用できる人

介護予防・日常生活支援サービス事業を利用できる人は、次のいずれかに該当する65歳以上の人です。

  • 要支援1・2と認定された人
  • 基本チェックリストにより介護予防・生活支援サービス事業対象者と判定された人 

※40歳から64歳の人(第2号被保険者)が、介護予防・日常生活支援サービス事業を利用する際は、要支援認定が必要です

基本チェックリスト

基本チェックリストは、介護の原因となりやすい生活機能低下の危険性がないかどうかという視点で、運動、口腔、栄養、物忘れ、うつ症状、閉じこもりなどの全25項目について、「はい」「いいえ」で記入する質問票です。

要支援・要介護認定を受けなくても、必要なサービスを利用できるように、本人の状況を確認するためのツールとして用います。このため、迅速なサービスの利用が可能になります。

また、総合事業以外の給付サービスが必要になったときは、要介護認定などの申請をすることができます。

一般介護予防事業

事業の内容

 こけないからだづくり講座

こけないからだづくり講座は、住民主体の介護予防活動として、自治公民館などでこけないからだづくり体操を行います。また、介護予防活動にとどまらず、趣味や茶話会の開催による交流の場、見守りの場としても、活動が広まっています。

こけないからだづくり講座 (PDFファイル/295.05キロバイト)

事業を利用できる人

一般介護予防事業は、都城市内に在住する65歳以上の全ての人が対象です。

介護予防・日常生活支援総合事業に関する要綱 

都城市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱 (PDFファイル/330.69キロバイト)

都城市元気アップデイサービス事業実施要綱 (PDFファイル/241.69キロバイト)

元気アップデイサービス計画書

元気アップデイサービス計画書(xls) (Excelファイル/33.5キロバイト)

元気アップデイサービス計画書(pdf) (PDFファイル/55.45キロバイト)


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?