ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業 > 農業経営の支援 > 宮崎県の「堆肥等利活用促進緊急体制整備事業」について紹介します

本文

宮崎県の「堆肥等利活用促進緊急体制整備事業」について紹介します

記事ID:0048255 更新日:2022年7月29日更新

不安定な国際情勢によって、化学肥料の価格高騰や入手困難といった農業経営継続にとって危機的状況にあります。また、地球温暖化の進行等により、環境に優しい持続可能な農業の実現も求められています。
このため、化学肥料代替として堆肥等の県内資源を活用することで、肥料代の削減や環境にやさしい農業の実現を目指します。

詳しい事業内容や補助率・事業要件については、宮崎県ホームページ「【募集開始】堆肥等利活用促進緊急体制整備事業 <外部リンク>」を確認ください。

事業の内容

  1. 散布機械の操縦に必要な資格取得、研修受講に係る経費(1/2以内)
    1)補助対象経費:堆肥散布受託事業者の体制を整備するために、散布機械等の操縦に必要な資格取得や研修受講に係る経費
    2)補助対象者:堆肥散布受託事業者
  2. 堆肥散布等機械導入に係る経費(1/2以内、補助事業費上限150万円以内)
    1)補助対象経費:堆肥散布や受託促進に係る機械の導入経費
    【対象機械例】
    (1)マニアスプレッダー、ブロードキャスター、ライムソワ等の堆肥を散布する機械(※ただし、堆肥が散布できるものに限る。)
    (2)ペレット成形機、肥料配合機等、散布作業の効率化や受託面積の拡大等、受託を促進するために必要な機械(※(2)の機械は、(1)の機械を取得している事業者に限る。)
    2)補助対象者:堆肥散布受託事業者

事業実施に係る公募

公募に申請を希望する人(コントラクターや畜産農家等)は、申込必要書類を作成し、次のとおり提出ください。

  • 提出先:畜産課(本庁舎4階)
  • 提出期限:令和4年8月19日(金曜日)

申込必要書類

  1. 堆肥等利活用促進緊急体制整備事業計画書様式 [Wordファイル/18KB]
  2. 当該機械の見積書、カタログまたは実施設計書
  3. 事業者が定める規約、定款または当該機械の管理運営に関する規程(※法人・団体等のみ)

注意事項

各事業者の事業計画による合計額が予算額を上回った場合は、受託面積等に応じたポイント制により優先事業者を決定します。

事業内容に関する問い合わせ

北諸県農林振興局農畜産課
〒885-0024
都城市北原町24の21
電話:0986-23-4509
ファクス:0986-22-7473


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?