ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > デジタル化推進 > デジタル化推進の施策 > 道の駅構築に係るAIやIoT等のデジタル技術活用に関する情報提供依頼(RFI)

本文

道の駅構築に係るAIやIoT等のデジタル技術活用に関する情報提供依頼(RFI)

記事ID:0021026 更新日:2020年6月10日更新

本市は、令和3年に、道の駅都城を物産振興拠点施設としてリニューアル整備することを検討しています。

つきましては、都城市物産振興拠点施設整備基本計画を踏まえ、新しい道の駅に活用することで、管理の効率化、顧客サービスの向上、施設の設置目的実現への寄与等を図ることができるAIやIoT等によるデジタル技術の活用方策及びシステム構成などの提案を募集します。

なお、都城市物産振興拠点施設基本整備基本計画については、下記のリンクから確認ください。

都城市物産振興拠点施設整備基本計画ページへ

情報提供内容の例

  • ナンバープレート読み取りによる来場者数、滞在時間、観光客動向の把握
  • 野菜生産者と売り場を結ぶPOSシステム
  • Maas(地域との連携)
  • AIによる観光ルート提案
  • AIによる需要予想
  • ポイント還元などの販売促進に関する提案
  • デジタルサイネージなどの情報発信やPRに資する取り組み

その他、実証段階でも情報を提供ください。

情報提供方法

下記の入力フォームから情報提供ください。製品概要が分かるパンフレット等の電子データは、メールで提供ください。

情報提供入力フォーム

パンフレット等の電子データ送付先

総合政策部 総合政策課 デジタル化推進担当

E-mail:gyokaku@city.miyakonojo.miyazaki.jp
(注:迷惑メール防止対策のため、@を、@に置き換えてください。)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?