ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 林業 > 森林保全 > 森林環境譲与税活用事業を紹介します

本文

森林環境譲与税活用事業を紹介します

記事ID:0014735 更新日:2021年3月25日更新

令和3年度当初予算の森林環境譲与税活用事業について紹介します。

事業目的

森林の伐採が急激に進む一方で、森林資源の循環に向けた再造林率が低いため、将来の森林資源の減少が懸念され ます。本市では、森林環境譲与税を活用して再造林面積の拡大を図るとともに、森林の適切な経営管理に向けて森林経営 管理制度を活用し、温暖化防止や国土保全などの公益的機能を有する森林整備を進めます。

事業概要

再造林面積の拡大に向けた取り組み

  • 下刈作業員を確保するため補助金を交付(1日当たり3,000円)
  • 再造林の実態調査と啓発を行う再造林整備啓発員を配置
  • 植林の際に、その周りを麻や木綿でできた防草シートで覆い、下刈作業省力化を図る実証事業に対する支援

森林経営管理制度の活用

  • 森林経営管理制度の運用事務や、管理不足の森林の調査を行う会計年度任用職員を配置
  • 適切な経営判断のため、調査に必要な林道修繕や伐開等の業務を委託
  • 候補山林所有者へ意向調査を実施。希望者については、境界測量や境界立会などを委託
  • 市の管理権設定後の山林の管理業務を委託

予算額

40,501千円


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?