ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て支援 > 子育ての支援や助成 > 令和2年度当初予算  一時預かり等ネット検索予約システム構築事業

本文

令和2年度当初予算  一時預かり等ネット検索予約システム構築事業

記事ID:0014916 更新日:2020年3月20日更新

令和2年度当初予算の一時預かり等ネット検索予約システム構築事業について紹介します。

事業目的

保護者が一時預かり事業や病児・病後児保育事業の利用を希望する場合、現在は、主に電話により予約を受け付けています。しかし、施設に問合せができる時間が限られていることに加え、空きのある施設が見つかるまで何度も電話しなければならない状況です。

このような状況を解消し、子育て家庭の利便性の向上を図るため、インターネットを通じて施設の空き状況検索や仮予約ができるシステムを構築します。

事業概要

システムの概要

  • 施設の空き検索と仮予約ができるシステムを構築
  • 一時預かりなどの利用者は、スマホなどを利用して、受け入れ可能な施設を検索、仮予約
  • 施設は、必要に応じて面談などを実施の上、予約了承

システムの本稼働は、令和3年度の予定

予算額

3,993千円


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?