ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境 > 環境教育・啓発 > 都城市環境まつりを紹介します

本文

都城市環境まつりを紹介します

記事ID:0003873 更新日:2019年10月29日更新

都城市環境まつりは、都城市の環境の将来像「ずっと暮らしたい都城(みやこんじょ)」の実現のため、市民参画の仕組みを具現化し、市民、事業者および行政の協働作業の下、環境啓発事業を企画・立案、運営して、地域コミュニティへの浸透と取り組みの主体形成を図ることを目的としています。

環境まつりの経緯

平成28年度に前身である「ごみ0(ゼロ)まつり」から、会場を都城市リサイクルプラザに移し、現在の「都城市環境まつり」となりました。
「都城市環境まつり」になってからは、毎年その時流にあったテーマを実行委員会で決定し掲げています。

環境まつりの内容

都城市環境まつり実行委員会と都城市の主催で行われる環境まつりは、毎年多くの環境活動を積極的に行う企業、市民団体の参加があり、それぞれのコーナーに分けられます。

環境啓発展示コーナー

企業・団体・行政の環境保全活動の紹介や、啓発活動のパネル展示を行います。

おうちで省エネを学べるキットの紹介(第11回都城市環境まつり)
環境まつり

市内小中学校による環境絵画・エコ作品の展示(第12回都城市環境まつり)
作品展示の様子

販売コーナー

環境まつりの1番の目玉である再生家具や再生自転車の抽選販売。地元食材を使った飲食店の出展を行います。

古本1冊10円やリサイクル品の販売(第11回都城市環境まつり)
 販売

飲食店も多数出店(第14回都城市環境まつり)
 飲食販売の様子

体験して学ぶコーナー

体験を通して、物の大切さや再利用することの大事さを来場者に学んでもらうコーナーです。また、再生可能エネルギーについてや地球温暖化、生物多様性など、環境に関する問題を親子で学ぶ教室もあります。

スライム作り体験コーナー(第13回都城市環境まつり)
 体験コーナーの様子

オリジナルペーパースコップ作り(第11回都城市環境まつり)
ペーパースコップ

ステージイベント

メインステージでは、地元志和池地区の伝承芸能の一つ、「棒踊」や、太鼓、やダンスなどお祭りを大いに盛り上げる催しが盛りだくさんです。

下水流棒踊(しもずるぼうおどり)(第12回都城市環境まつり)
 下水流棒踊りの様子

むすび

環境まつりでは、企業や団体の環境活動などの紹介だけでなく、さまざまな視点から、環境について考えるきっかけがたくさんちりばめられています。
参加者の皆さんに「楽しみながら」環境について学ぶきっかけにして欲しい。これが都城市環境まつりの一番の目的です。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?