ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > デジタル化推進 > デジタル化推進の施策 > 公共施設の入館料をキャッシュレス化します!

本文

公共施設の入館料をキャッシュレス化します!

記事ID:0037455 更新日:2021年7月6日更新

市では、令和元年8月に「都城デジタル化推進宣言」(令和3年2月改訂)を行い、デジタル化を推進しています。今回、現金を用いずに支払いができるキャッシュレス決済を国が推進し、さまざまなQR決済サービスに対応するJPQRを2つの公共施設に導入し、来館者の利便性の向上を図ります。

対象施設

都城島津邸、都城歴史資料館

対象料金

入館料

利用開始日

令和3年7月3日(土曜日)

導入キャッシュレス決済サービス

JPQR(総務省統一QR「JPQR」<外部リンク><外部リンク>)

利用可能なQR決済サービス

auPAY、PayPay、UnionPay、d払い、楽天ペイ、FamiPay

利用方法

  1. 自身が使いたいスマホの決済アプリを起動し、窓口に設置されたJPQRを読み取ってください。
  2. 職員がご案内した請求金額を、自身で入力してください。
  3. 金額の入力に間違いがないか、職員に画面を提示ください。
  4. 決済ボタンを押し、決済完了画面が表示されましたら、職員にご提示いただき支払い完了です。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?