ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > 食べる・買う > 工芸品 > 宮崎ロクロ工芸品
ページ番号:0002138

本文

木肌のぬくもりの伝わる

宮崎ロクロ工芸品

宮崎ロクロ工芸品は、原木選びに始まり、荒削りを経て乾燥にかけ「まがり」という工具を使って仕上げられていきます。
この「まがり」は特殊なもので、使い手自ら鍛冶を打って手に合うものを作っています。材料の選別から最後の仕上げ、「まがり」の製造まで幅広い技術が必要とされます。

昭和60年8月に宮崎県伝統的工芸品に指定され、木目を最大限に生かした木肌のぬくもりの伝わる製品は、全国の愛好者に高く評価されています。

ロクロ工芸品とは

原材料

かえで、黒柿、クワ、ケヤキ、サクラ、ニガキ、朴(ほうのき)、ねむの木、イチョウ

用途

碁笥(ごけ)、湯呑、お盆、茶筒、なつめ、香合(茶道で使用)、菓子皿、ワイングラス

宮崎ロクロ工芸品

製造工程

(1)材料の選定、製材

熟練した技術を生かすには、使用する材料の良し悪しが大きく左右するため、品質を見極め、材料の選定・選別を行う。

(2)荒削り

全体的に荒く削る。ひび割れ防止のため、穴をあける。まがりのみは中削り用、丸バイトは外削り用である。

(3)乾燥

半年間、自然乾燥を行う。

(4)中取り

寸法を取りながら、さらに細かく削る。

(5)仕上げ

完成品に向け、全体を仕上げる。

(6)みがき

4種のペーパー(荒~細)により、表面を磨く。碁笥には布でろうを伸ばす。食器・お椀にはウレタン塗装を施す。

宮崎県伝統工芸士