ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > 見る・遊ぶ > 自然 > 御池
ページ番号:0002389

本文

高千穂峰を望む絶好の観賞スポット

御池

御池(みいけ)とは、都城市と高原町にまたがる直径約1キロメートルの湖で、霧島火山群では最大・最深の湖です。約4,600年前のマグマ水蒸気噴火(水蒸気プリニアン噴火)で形成されました。御池を形成した噴火は、知られている霧島火山群の噴火中では最大規模のもので、周りを囲む火口壁は高さが約30メートルの急崖を形成しています。

二子石(ふたごいし)の奥に高千穂峰を望む絶好の観賞スポットで、周辺には小池や御池神社などがあります。また、湖岸には野鳥の森やキャンプ場などの施設があり、野外活動の拠点となっています。

所在地

都城市夏尾町

御池