ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 都城島津邸 > 各種申請書 > 都城島津家の人物紹介 > 19代 島津久龍 1678~1740

本文

19代 島津久龍 1678~1740

記事ID:0036631 更新日:2021年6月4日更新 印刷ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示

島津久理(ひさみち)の長男。母は入来院重頼の娘。

貞享6年(1688)10月、鹿児島で藩主島津光久の加冠により元服しました。元禄6年(1693)12月に妻として種子島久時の娘蓮応院(れんおういん)を迎え、鹿児島で婚礼を行いました。そして、元禄13年(1700)に父久理から家督を相続しました。

家臣のために備蓄米用の蔵を建設したり、8代当主忠相の150年忌を執り行ったりするなど、都城領主として領内安定に努めました。久龍の頃に領内政務諸藩が整ったといわれます。

元文元年(1736)に本家の命により島津領東境の統括を任され、以後都城島津家当主は都城に、鹿児島には留守居役を置くようになったといいます。学問を好み書画に精通した人物と伝えられます。

享年63歳。法号を天徳院殿哲山玄高大居士。墓所は龍峯寺跡(りゅうほうじあと)(都城市都島町)。

島津久龍像

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?