ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 都城島津邸 > 所蔵史料 > 歴史コラム > コラム6 江戸時代の支配の仕組み

本文

コラム6 江戸時代の支配の仕組み

記事ID:0036787 更新日:2021年6月10日更新 印刷ページを表示する 大きな文字で印刷ページ表示

都城島津家が治めていた領地は約4万石もありました。これは大名にもひけをとらない規模です。この広大な都城領を統治するにあたって、都城島津家は、政治経済の核となる「麓(ふもと)」を中心に領内を11に区画して、それぞれに地頭を置いて治めました。この体制を「五口六外城制(いつくちむとじょうせい)」と呼んでいます。

江戸期行政区分図

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?