ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > 市長メッセージ > 本市での感染確認を受けての市長メッセージ(令和3年3月29日)

本文

本市での感染確認を受けての市長メッセージ(令和3年3月29日)

記事ID:34423 更新日:2021年3月29日更新

3月28日、本市で2月4日以来52日ぶりに新型コロナウイルスの新規感染者が確認されました。まずは、感染された方に対し、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。

さて、現在、国の緊急事態宣言は解除されましたが、全国的に感染再拡大の兆しがあり、第4波が懸念されております。
さらに、変異ウイルスによる感染も各地で確認されております。現時点では、県内で変異ウイルスによる感染者は確認されておりませんが、変異ウイルスを含め新型コロナウイルスの感染リスクは、常に存在すると意識して行動しなければなりません。

したがって、市民の皆様には、感染の再拡大を防ぐため、「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接)回避」といった基本的な対策の徹底を、強くお願い申し上げます。
特に、これまでの感染が会食を機に広がっていることから、会食の際には次のことを守ってください。

  1. 感染拡大地域での会食、感染拡大地域をはじめ県外から来県された方との会食は、必要最小限にする。
  2. 大人数、長時間にならないようにし、マスク無しで会話しない。
  3. 飲酒は適量を心掛ける(泥酔しない)。

(注)上記は、外食に限らず、自宅等での会食も同様。

さらに、外食の際には、ガイドライン遵守のお店を選び、もしも感染が確認された場合に備えて、お店に連絡先を告げ、疫学調査に協力をお願いします。
また、高齢者、基礎疾患のある方や、高齢者施設、障がい者施設、医療機関の従事者は、家族などいつも一緒にいる人以外との会食は避けてください。
そして、些細な風邪の症状であっても、出勤や登校、外出を控え、身近な医療機関に電話予約の上、速やかに受診してください。

なお、これまで感染が公表された際、根拠のない噂やデマが広がり、心を痛めた方々もいらっしゃいます。加えて、最前線で感染された方の治療に当たっていただいている医療従事者への偏見についても問題となっております。悪いのはウイルスであって、感染した人や医療に従事する人ではありません。
市民の皆様におかれましては、自分や大切な人が感染した場合に置き換え、感染に関わる情報について憶測をもとに広げることを厳に慎み、国や県および市が発信する正しい情報に基づいた冷静な対応をお願い申し上げます。

現在、本市においても、医療従事者のワクチン接種が開始されております。医療従事者以外の方の接種に向けての準備も進めており、4月中旬には高齢者の方に接種券を送付する予定です。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束のために、全ての市民が力を合わせて頑張ってまいりましょう。

 

令和3年3月29日
都城市長 池田 宜永


感染状況と対応

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?