ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > 市長メッセージ > 県内での新型コロナウイルス感染急増を受けての市長メッセージ (令和3年4月12日)

本文

県内での新型コロナウイルス感染急増を受けての市長メッセージ (令和3年4月12日)

記事ID:35024 更新日:2021年4月12日更新

4月10日、県内で26名の感染者が確認されたことが公表されました。国が示すステージ4の指標である「人口10万人当たりの療養者数25人」を超えた感染確認は、1月25日以来、74日ぶりです。
特に、日向市での感染が繁華街を中心に広がっており、県はこれを会食クラスターと認定しました。日向・東臼杵圏域は感染急増圏域(赤圏域)に指定され、日向市内の飲食店への時短要請などの対策が示されました。
また、新型コロナウイルス変異株の感染疑いについて、4月9日、本県で初めて2名が確認され、これまでに県内で6名への感染確認が発表されました。

本市では3月30日以降、新たな感染は確認されておりませんが、県内や全国各地での感染拡大状況を踏まえると、本市でも「第4波の入口」に対する危機感を強く持たなければなりません。ウイルスが変異しても必要な感染対策は、従来と変わらず、「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接)回避」です。これらの基本的な対策の徹底を、強くお願い申し上げます。
また、会食の際は、(1)飲酒は適度に、大人数・長時間にならないようにし、(2)会話の際は必ずマスクを着用すること、(3)感染拡大地域での会食・感染拡大地域をはじめ県外から来県された方との会食は必要最小限にしていただくこと等、感染のリスクを減らす行動をお一人お一人が実践してください。

市民の皆様におかれましては、自分や大切な人が感染した場合に置き換え、感染に関わる情報について憶測をもとに広げることを厳に慎み、国や県および市が発信する正しい情報に基づいた冷静な対応をお願い申し上げます。

いよいよ4月21日から本市でもワクチン接種が始まります。高齢者等(昭和32年4月1日以前生まれの方)から順次進めてまいりますが、5月以降には、国からのワクチン配布が拡大される予定ですので、市民の皆様が安心して確実に接種できるよう努めてまいります。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束のために、全ての市民が力を合わせて頑張ってまいりましょう。

令和3年4月12日
都城市長 池田 宜永


感染状況と対応

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?