ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市内の感染情報 > 市職員の感染情報 > 都城市職員の新型コロナウイルス感染が確認されました(14例目)

本文

都城市職員の新型コロナウイルス感染が確認されました(14例目)

記事ID:0035371 更新日:2021年4月24日更新

本庁舎1階に勤務する職員1名が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明しましたので、状況及び経過等を公表します。また、本日、本庁舎1階に勤務する職員267名に対してPCR検査を実施したことを、あわせて公表します。

市職員新型コロナウイルス感染確認記者発表資料 [PDFファイル/228KB]

14例目の当該職員

職員区分:非常勤職員(会計年度任用職員)
年代:20歳代
性別:女性
所属:健康部保険年金課
​居住地:市内
判明日:4月23日 ※県公表は4月24日

経過

4月16日:出勤(マスク着用)、症状なし
4月17日・18日:自宅、症状なし
4月19日・20日・21日:出勤(マスク着用)、症状なし
4月22日:出勤(マスク着用)、終日勤務、帰宅後夕食時に味覚異変
4月23日:PCR検査受検、「陽性」判明
※窓口業務従事職員
※宿泊療養施設にて療養中

勤務所属等における対応

  1. 当該職員の行動履歴や接触者その他については、都城保健所において調査中
  2. 本日、本庁舎1階に勤務する職員267名に対してPCR検査を実施した
  3. 明日、PCR検査結果が判明予定。本日のPCR検査受検時に、庁舎内での行動等もあわせて聴取しており、現在、都城保健所において、接触者その他を調査中
  4. 検査結果次第で4月26日(月曜日)以降の執行体制について、様々な場合を想定して、現在、検討・調整中
  5. 本庁舎地下1階の職員1名から、PCR検査を受検したと連絡を受けた4月19日以降、地下1階及び本庁舎1階における執務場所及び共用部分の徹底消毒作業を、日々実施した上で、一部を除いて通常どおり窓口業務を継続中

市職員感染者記者発表資料

感染拡大防止に向けた全庁的な対応

これまでも、職員に対しては、マスク着用や手洗い、身体的距離の確保、3密の回避等、「新しい生活様式」の実践に努めるとともに、日頃からの体調管理を徹底し、体調不良の際には慎重に行動するよう指導してきましたが、今後も引き続き指導を徹底し、感染防止対策に努めます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?