ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > 市長メッセージ > 本市の新型コロナウイルス感染区分「感染警戒区域(オレンジ地域)」指定についての市長メッセージ (令和3年4月24日)

本文

本市の新型コロナウイルス感染区分「感染警戒区域(オレンジ地域)」指定についての市長メッセージ (令和3年4月24日)

記事ID:0035372 更新日:2021年4月24日更新

記者会見の画像

本日(4月24日)、県は本市の感染者数が増加していることなどを総合的に判断し、本市を県独自の新型コロナウイルス感染区分「感染警戒区域(オレンジ地域)」に指定しました。
また、都城市役所本庁舎において感染集団(クラスター)が確認され、これまで職員10人の感染が確認されております。まずは、感染された方に対して心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
市民の皆様には、御心配をおかけして誠に申し訳ありません。なお、職員が勤務する事務所等については、既に消毒作業を終えておりますが、引き続き、都城保健所による濃厚接触者等の調査が行われておりますので、保健所の指導に協力してまいります。

さて、今回、「感染警戒区域(オレンジ地域)」に指定されたことを受けて、県から都城・北諸県圏域の皆様に対し、以下の行動要請がなされておりますので、市民の皆様にはご協力をお願いいたします。

  1. 会食は4人以下、2時間以内
  2. イベントにおける会食等の制限
  3. 高齢者施設・障がい者施設の面会制限
  4. 高齢者、基礎疾患がある方、高齢者施設・障がい者施設・医療機関従事者の会食は家族などいつも一緒にいる身近な人に限る

これからゴールデン・ウィークを迎えますが、今後の感染拡大を防ぐためには、市民の皆様お一人お一人の感染拡大防止の協力が欠かせません。会食の際は、(1)飲酒は適度に、大人数・長時間にならないようにし、(2)会話の際は必ずマスクを着用すること、(3)感染拡大地域での会食・感染拡大地域をはじめ県外から来県された方との会食は必要最小限にしていただくこと等、感染のリスクを減らす行動をお一人お一人が実践してください。
繰り返しになりますが、「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接)回避」といった基本的な対策の徹底を、強くお願い申し上げます。

また、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に対し、緊急事態宣言の発令が決定いたしました。これらの地域に限らず、ゴールデン・ウィーク期間中は、仕事など生活に必要な場合を除き、可能な限り県外との往来自粛をお願いいたします。やむを得ず往来する場合は、感染対策の徹底を切にお願いいたします。
加えて、県外からの帰省は可能な限り自粛していただき、やむを得ず帰省する場合は、帰省前の2週間は会食を控えるなどの感染防止対策の徹底をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束のために、全ての市民が力を合わせて頑張ってまいりましょう。

令和3年4月24日
都城市長 池田 宜永


県内の発生情報<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?