ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > 市長メッセージ > 都城・北諸県圏域の「感染急増圏域(赤圏域)」指定を受けての市長メッセージ (令和4年1月13日)

本文

都城・北諸県圏域の「感染急増圏域(赤圏域)」指定を受けての市長メッセージ (令和4年1月13日)

記事ID:42646 更新日:2022年1月13日更新

緊急会見の画像

本日(1月13日)、県は県内での新型コロナウイルス感染が急拡大していることから、県内全域を対象に「感染拡大緊急警報」を発出しました。
また、本市を含む都城・北諸県圏域については、「爆発的な感染拡大」段階にあり、これまでにない最大限の対策が必要であると判断し、1月13日から2月2日まで、都城・北諸県圏域を県独自の新型コロナウイルス感染区分「感染急増圏域(赤圏域)」に指定することが発表されました。

今回、「感染急増圏域(赤圏域)」に指定されたことを受けて、県から都城・北諸県圏域の皆様に対し、以下の行動要請がなされておりますので、市民の皆様には、是非とも、ご理解ご協力をお願いいたします。

  1. 外出・移動の自粛(圏域外への不要不急の外出・移動自粛)
  2. 会食の制限(一卓4人以下、2時間以内)
  3. イベント開催における制限(会食につながる場面の制限)
  4. 高齢者施設・障がい者施設の対面での面会制限

また、県は、感染力の極めて強いオミクロン株による感染が、県全体でも過去にないスピードで急拡大しており、感染者の中には、県外との往来歴や陽性者との接触歴のない例も複数確認されたため、「市中感染が起きている」との認識を示しています。
さらに、オミクロン株では、多くの「ブレイクスルー感染(ワクチン2回接種後の感染)」の発生や、マスクを外した短時間の会話等での感染事例が見られるなど、いつどこで感染してもおかしくない状況であります。

こうした状況を踏まえ、市民の皆様には、ワクチン接種の有無にかかわらず、これまで以上に、うつらない・うつさないための基本的感染防止対策(「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接)回避」等)の徹底とともに、圏域外への不要不急の外出・移動自粛、会食の制限(一卓4人以下、2時間以内)等の遵守を強くお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束のために、全ての市民が力を合わせて頑張ってまいりましょう。

令和4年1月13日
都城市長 池田 宜永


感染状況と対応

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?