ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > coronavirus > 市民の皆さんへ > 市長メッセージ > 本市の過去最多の新規感染者数を受けての市長メッセージ(令和4年7月7日)

本文

本市の過去最多の新規感染者数を受けての市長メッセージ(令和4年7月7日)

記事ID:47660 更新日:2022年7月7日更新

本日、県から発表された本市の新型コロナウイルスの新規感染者数は130人となり、これまでの最多の5月18日発表分108人を大きく上回り、過去最多となりました。
また、昨日、県から都城・北諸県圏域の直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数が200人を超えたことにより、感染状況区分を「感染警戒圏域(オレンジ圏域)から「感染急増圏域(赤圏域)」へ引き上げることが発表されました。

県内においても、2日連続で新規感染者数が500人を越え、感染が急拡大しており、大変厳しい状況です。特に、10歳未満や10代、さらに親世代に当たる30代、40代の感染が非常に多くなっています。さらに、県内における病床使用率も16.3%となっており、医療提供体制への影響が懸念されております。
このような状況を受け、県は県内全域を対象として本日7月7日から当面の間、「医療警報」を発令しました。

これに伴い、県から以下のとおり、行動要請がなされておりますので、市民の皆様には、御理解をいただき、適切な対応をしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

  1. 外出・移動の際は感染防止対策の徹底を
  2. 会食時の「みやざきモデル」の推奨
    ・「ひなた飲食店認証店」を利用する場合は「大人数、 長時間は控えて」
    ・「ひなた飲食店認証店」以外を利用する場合は「1卓4人以下、2時間以内」
  3. 高齢者施設等の面会は 「感染防止対策を徹底の上、人数を最小限で」

全国的にも、人と人との接触機会の増加や、オミクロン株の新系統「BA・5」への置き換わりにより、昨日は、4万人を超える新規感染者数が確認されております。このままのスピードで感染拡大が続けば、医療逼迫や社会経済活動への影響等が顕在化してきます。

市民の皆様には、ウィズ・コロナの意識で日常を取り戻しながらも、引き続き、「マスク着用」「手洗い・手指消毒」「3密(密閉・密集・密接) 回避」といった基本的な感染防止対策を徹底していただくよう、 よろしくお願いいたします。

令和4年7月7日
都城市長 池田 宜永


感染状況と対応

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?