ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 都城市消防局 > 消防情報 > 住宅用火災警報器 > 全ての家屋に住宅用火災警報器を付けないといけないのですか?

消防局の紹介アイコン

救急・救命情報アイコン

119アイコン

統計情報アイコン

試験・講習アイコン

申請様式アイコン


本文

全ての家屋に住宅用火災警報器を付けないといけないのですか?

記事ID:0003386 更新日:2019年10月29日更新

質問

築20年に家に住んでいます。法改正により全ての家屋に住宅用火災警報器を付けなければならなくなったと聞いたのですが、本当ですか。

回答

本当です。住宅火災による「逃げ遅れ」により多くの人が亡くなっていることから、消防法が改正され、新築住宅は平成18年6月1日から義務化、既存住宅は平成23年5月31日までに設置することになりました。

設置場所は、全ての寝室および条件によって階段、廊下に煙式の警報器を設置する必要があります。なお、台所には設置義務はありませんが、熱式の警報器を設置することで安心が高まります。購入する際は、NSマークが付いていることを確認のうえ、購入ください。


試験・講習
よくある質問

消防広報

住宅用火災警報器

Q&A

こどもQ&A

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?