ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の紹介 > 市長の部屋 > 市長の部屋 > 第87回市長のスマイルメッセージ(令和2年3月2日放送)

本文

第87回市長のスマイルメッセージ(令和2年3月2日放送)

記事ID:0010847 更新日:2020年3月3日更新

市長が毎月初めに行う職員向けの庁内メッセージを掲載します。 

令和2年3月2日(月曜日)

皆さん、おはようございます。

まず、新型コロナウィルスについてでありますが、ご承知のように、中国に端を発した新型コロナウィルスは、世界中に感染が拡がっており、残念ながら日本でも多くの方々が感染されています。幸い、現在のところ、宮崎県内、近隣自治体、本市での感染者の発生はありませんが、いつ何時感染者が発生するか分からない状況です。

そうしたなか、政府からは、各種イベント等の開催自粛、不要不急の外出自粛要請に続き、2月27日には安倍総理の全国の公立小中高校に対する一斉臨時休業の要請があり、2月28日の対策本部会議において、本市においても、本日3月2日より当面の間、臨時休業とすることを決定したところであります。

あまりに突然の休業要請であり、市民・職員の皆さんも戸惑われていると思いますし、私も内心思うところはございますが、“新型コロナウィルスの感染拡大防止のため"との大義の一点で、今は一致団結して行動することが重要であります。

今後、仮に宮崎県内、近隣自治体、本市で感染者が発生した場合は、当然ながら、本市として迅速かつ適切に対応してまいりますが、まずは我々一人ひとりが、手洗い・うがい・マスク着用といった適切な対応をとることが何より重要であります。市民・職員の皆さんには、感染拡大を防止するため、適時適切な対応をしていただくよう宜しくお願い致します。

さて、2月25日、市議会3月定例会が開会し、令和2年度当初予算等の各種議案を議会に提出いたしました。まずは、令和2年度当初予算の策定にあたりまして、職員の皆さんにはご尽力頂きました。心から感謝申し上げます。今後、市議会においてご審議を頂きますが、当初予算の可決成立に向けて引き続きのご尽力を宜しくお願い申し上げます。

なお、具体的な施策の内容等につきましては、財政課作成の「令和2年度当初予算のポイント」等の各種資料に分かりやすくまとめておりますので、全職員が必ず当該資料を読んで頂き、本市の基本的な考え方・方向性(大局観)をご認識頂いた上で、ご自身の仕事に取り組んで頂きますよう宜しくお願い致します。

次に、「都城フィロソフィ」についてお話致します。今月は「第2部・素晴らしい都城市とするために」に入ります。今日は第2部第1章~一人ひとりが都城市役所~の第1項目である「一人ひとりが都城市役所」についてお話します。お手元にあるフィロソフィ手帳の30~31ページにある解説には次のように書かれています。

「都城市役所の職員は、さまざまな場で市民と接しています。

仮に100人中99人が市民のことを考えて仕事をしていても、1人の職員が市民の信頼を裏切るようなことをしてしまうと、残りの99人の職員への信頼も傷つけてしまいます。たった1人の間違った行動が、99人がこれまで築いてきたもの全てを壊してしまうのです。

職員一人ひとりが都城市役所の主役であり、都城市役所の看板を背負っていることをしっかりと肝に銘じ、当事者意識を持ち、一期一会の精神で市民サービスに努めることで、市民に信頼される都城市役所となります。」

この解説にもあるように、市役所の職員の皆さんは、一人ひとり市役所の看板を背負っています。そして、この看板は、現役の市役所職員の時はもちろんのこと、おそらく皆さんが市役所を退職した後も背負うことになると思います。すなわち、市民はいつも市役所職員(現役・OB)を見ているということであり、我々はこの地域における重い責務を担っているということです。

したがって、私は市長就任以来、一貫して、地域活動等への積極的な参加を皆さんにお願いし、また、「全職員の自治公民館加入」、「新規採用職員の消防団入団」等の取組みも当然のことと認識して行っています。

都城フィロソフィの学びを通じて、皆さんが市役所職員として奉職した頃の初心、「都城市のために」「都城市民のために」との熱い思いを思い起こし、市役所職員の誇りを胸に仕事に取り組んで頂くことを切に願います。引き続き、一緒にフィロソフィを学んでまいりましょう。

最後に、今月末で退職を迎えられる職員の皆様に対し、一言ご挨拶を申し上げます。

退職を迎えられる皆様におかれましては、長きに亘り、市民の幸福と本市発展のために多大なるご尽力を頂き、誠にありがとうございました。市民・職員を代表して、心から感謝とお礼を申し上げたいと思います。退職まで残り1ヶ月となりましたが、最後まで市民のために力を尽くして頂きますようお願い申し上げます。

また、退職後は、まずは「健康第一」でお過ごしを頂いた上で、皆さんは本当にまだまだお若いですので、今後は市民のお一人として、それぞれのお立場で引き続き、本市のために力をお貸し頂ければ幸いです。

最後になりますが、改めて、退職を迎えられる職員の皆様、そして御家族の今後益々のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げ、私からのお礼と感謝の言葉と致します。長い間、本当にありがとうございました。そして、最後までどうぞ宜しくお願い申し上げます。

市長のスマイルメッセージの音声

次の圧縮ファイルをダウンロードして聴くことができます。ただし、圧縮ファイルを解凍して得られるMP3(エムピースリー)ファイルを聴くには、Windows Media Player(ウインドウズメディアプレーヤー)などのソフトウェアが必要です。

第87回市長のスマイルメッセージ [その他のファイル/6.58MB]


市長とスマイルランチ

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?