ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 統計情報 > 今年行われる調査 > 令和2年(2020年)国勢調査を実施します

本文

令和2年(2020年)国勢調査を実施します

記事ID:0019030 更新日:2020年5月19日更新

令和2年(2020年)国勢調査への協力をお願いします

令和2年(2020年)国勢調査

 

国勢調査は、日本の未来をつくるために必要な、大切な調査です。
国や地方公共団体が正確な統計に基づいて、公正で効率的な行政を行うためには、日本に住むすべての人・世帯が漏れなく、正確に回答する必要があります。国勢調査への協力をお願いします。

国勢調査とは

国勢調査は、統計法(平成19年法律第53号)に定める基幹統計調査として、国内の人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策などの基礎資料を得ることを目的としています。
大正9年(1920年)の第1回調査以来、国の最も基本的で重要な統計調査として5年ごとに実施されており、令和2年(2020年)に実施する調査はその21回目に当たり、実施100年の節目を迎えます。

国勢調査が実施100年を表すものです。

調査の期日

令和2年10月1日現在で実施します。

調査の対象

令和2年10月1日現在で、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

調査事項

世帯員について

「男女の別」「出生の年月」「配偶者の有無」「就業状態」「従業地又は通学地」など15項目あります。

世帯について

「世帯員の数」「世帯の種類」「住居の種類」「住宅の建て方」の4項目あります。

調査の流れ

調査票の配布時期

令和2年9月中旬頃から調査員が各世帯を訪問します。

調査の回答方法

  • インターネット回答
  • 紙の調査票での回答
    ※紙の調査票の場合、返信用封筒を用いるか、または調査員に提出となります

どちらの回答方法も10月7日(水曜日)が提出期限です。

「かたり調査」に注意ください

国勢調査を装った不審な訪問者や不審な電話・電子メールなどに注意ください。
統計調査員は顔写真を貼った「調査員証」を携帯しておりますので、提示を求めるようにしてください。統計調査員がいきなり電話で個人情報を聞くことはありません。
不審だと感じたときは、情報政策課調査統計担当まで連絡ください。

結果の公表

調査の結果は最も早い「人口速報集計」を令和3年2月に公表し、その後、年齢別人口・世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」を令和3年9月までに公表する予定です。
公表した調査結果については、総務省統計局のホームページのほか、都道府県立図書館などで、誰でも確認できます。

調査の結果

e-Stat 政府統計の総合窓口(国勢調査)<外部リンク>

関連リンク

国勢調査オンライン

国勢調査オンラインは総務省統計局が運営するサイトです。下記画像からサイトへリンクしています。

国勢調査オンラインとリンクするものです。<外部リンク>

 

国勢調査キャンペーンサイト<外部リンク>
総務省統計局による令和2年(2020年)国勢調査のキャンペーンサイトです。

宮崎県庁ホームページ<外部リンク>
宮崎県による令和2年(2020年)国勢調査をお知らせするサイトです。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?