ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 職員採用案内 > 市長・先輩職員からのメッセージ > 「資格を生かし安全安心なまちづくりに貢献」~冨田千絵さん

本文

「資格を生かし安全安心なまちづくりに貢献」~冨田千絵さん

記事ID:0001032 更新日:2019年10月29日更新

建築課冨田さん2

建築課建築指導担当(平成29年度在籍)
冨田千絵さん (平成24年入庁)

都城市役所を選んだ理由

専門学校卒業後に県外の建材メーカーに勤めていましたが、一度建築の道を離れ宮崎に帰ってきました。
自分の将来について改めて考えていたとき、都城市の建築技師募集の情報から、安全安心なまちづくりに建築行政が大きく関わっていることを知りました。
市民の皆さんに「建築行政をより身近に感じてもらい、安全安心なまちづくりに貢献したい」という思いから都城市役所を選びました。

現在の業務

建築課冨田さん3私の職務内容は主に、違反指導・定期報告・防火避難のフォローアップ・木造住宅の耐震診断など、現存している建物について、安全に安心して暮らせるよう指導・助言していくことです。
求められる建築へのニーズは日々変化していますが、安全と安心は不変のニーズです。建築物の防災対策(ハード面)を指導していく中で、所有者への補助制度(ソフト面)をうまく活用しながら事故のないまちづくりを目指しています。

仕事のやりがい

現存している建物について、安全安心な状態で使用していくためには、改修や補修が必要なこともあります。
維持保全や違反是正を指導していく中で、所有者や設計者などから厳しい言葉をいただくこともありますが、先方の気持ちも理解しつつ法の主旨を丁寧に説明することで最終的に納得していただけた時、達成感と共にやりがいを感じています。
所有者や設計者の皆さんと協働しながら、着実に目標に向かって進歩しているのだなと実感します。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日は、夫と私の平日のお弁当をまとめて作ることから始まります。家事全般が終わったら、美味しい食事を求めて市内を探索します。
最近では吉都線ツアーにはまっていて、秘境や温泉、焼肉、ウォーキングなど、自然の空気を吸いながらおいしいものを食べることで、疲れを吹き飛ばしています。

受験者へのメッセージ

建築課冨田さん私は、一級建築士や建築基準適合判定資格者などを保有していますが、帰郷するまでは資格の必要性について無頓着でした。しかし、知識や経験の豊富な先輩や設計者と接しているうちに刺激を受け、まずは資格を取ることが自分の成長する糧になるのだと思いました。
建築の専門職といっても、まちづくりに関わる多様な業種の人たちと接する機会が多くあり、多方面にわたって勉強が出来る珍しい職種ではないでしょうか。
皆さんと一緒に仕事できる日を楽しみにしています。


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?