ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 民俗芸能 > 庄内・西岳地区 > 関之尾ジャンカン馬踊(せきのおじゃんかんんまおどり)

本文

関之尾ジャンカン馬踊(せきのおじゃんかんんまおどり)

記事ID:0002082 更新日:2019年10月29日更新

由来は定かではありませんが、地区にある馬頭観音に奉納されてきました。
馬は花飾りに米俵、初鼓に猿のぬいぐるみを乗せますが、馬簾(ばれん)はつけず、また、唄は下長飯が華やかな国分風なものに対して、大隅日向風のやや遅い歌調で、歌詞は7775の小唄の「恋歌」が多く使われています。

※参考:都城の民俗芸能(昭和56年3月31日発行)、都城市の文化財(平成26年7月22日発行)

伝承地

関之尾町上川崎


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?