ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消費生活 > 生命・身体にかかわる危険 > 【消費者庁情報】自転車事故などに注意

本文

【消費者庁情報】自転車事故などに注意

記事ID:0021500 更新日:2020年6月25日更新

新型コロナウイルス感染拡大防止のための「新しい生活様式」では、自転車の利用についても推奨されています。また、「自転車通勤・通学の促進に関する当面の取組について(令和2年6月18日自転車活用推進本部)」では、企業・団体などにおける自転車通勤制度の導入の促進の取り組みを挙げています。

事故防止のために

次の点に注意しましょう

  • 自転車の安全利用五則を守りましょう
  • 乗車前には自転車に異常がないか点検しましょう
  • 自転車本体や付属品がリコール対象でないか確認し、対象であればすぐに使用を中止してください。ブレーキや車輪、ペダルやチェーンの緩み、がたつきなどが、大きな事故につながる可能性があります
  • 足が車輪に巻き込まれる恐れがあるため、子どもを自転車の荷台に乗せてはいけません。走行中、子どもの足が車輪に巻き込まれ、骨折などの怪我をする事故につながります
  • 子どもを抱っこして、自転車に乗らないでください
  • 万が一の事故に備え自転車損害賠償責任保険等に加入しましょう

自転車の安全利用五則

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外のみ通行可
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子どもはヘルメットを着用

関連情報

消費者庁の生命・身体にかかわる危険<外部リンク>


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?