ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 民俗芸能 > 庄内・西岳地区 > 今屋大太鼓踊(いまやおおだいこおどり)

本文

今屋大太鼓踊(いまやおおだいこおどり)

記事ID:0002689 更新日:2019年10月29日更新

鈴川(菓子野小学校付近)であった合戦の死者を鎮めるために始まったとも、豊臣秀吉の朝鮮出兵がきっかけで始まったとも言われています。また、昔は「雨乞い」のときに踊ったとも伝えられています。
大正時代にいったん途絶えましたが、昭和43年に復活しました。

目から下を隠す「おめかくし」をつけた鉦(かね)3人を中心に、矢旗を背負った太鼓14人が輪をつくり、「神の弁天しばやは、お札を持たねば通られますまい」などと歌いながら踊り歩きます。

※参考:都城の民俗芸能(昭和56年3月31日発行)

伝承地

菓子野町今屋


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?