ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 民俗芸能 > 庄内・西岳地区 > 町区相撲甚句踊(まちくすもうじんくおどり)

本文

町区相撲甚句踊(まちくすもうじんくおどり)

記事ID:0003404 更新日:2019年10月29日更新

明治39年、清涼山願心寺(せいりょうざんがんしんじ)の大本堂が竣工し、その落慶法要(らっけいほうよう)と祝賀行事で奉納されたのが始まりといわれています。
町区相撲甚句踊りは、相撲の儀礼が踊り化したもので、行事、踊り手、三味線、太鼓、拍子木、歌い手で構成されます。

※参考:都城の民俗芸能(昭和56年3月31日発行)

伝承地

庄内町町区


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?