ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 民俗芸能 > 山之口地区 > 中原太郎踊り(なかばるたろうおどり)

本文

中原太郎踊り(なかばるたろうおどり)

記事ID:0003639 更新日:2019年10月29日更新

テチョ(都城の方言で主人)を中心とした家族が、病気のベブ(都城地方の方言で牛)を元気付けようと奮闘する様子を演じた踊りで、農作業を舞踊化したものです。
地域の総鎮守的野正八幡宮(まとのしょうはちまんぐう)の春祭りに奉納。悪魔をはらうとともに、五穀豊穣を祈願し、住民の無病息災と繁栄を願う農耕神事です。

※参考:山之口町の文化財(平成14年3月発行)

伝承地

山之口町富吉地区

継承する団体

中原太郎踊保存会


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?