ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 健康診査(妊娠・出産) > 乳児一般健康診査を受けるためには
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子どもの健康 > 健康診査 > 乳児一般健康診査を受けるためには

本文

乳児一般健康診査を受けるためには

記事ID:0004182 更新日:2019年10月29日更新

都城市では、出産後も引き続き健やかな成長を見守ることができるよう、お子さんの誕生日(出産日)から1のお誕生日を迎えるまでの期間中に指定の医療機関で使用できる健康診査受診票を2回分交付しています。
成長の様子や日々の子育ての疑問などを確認する良い機会です。ぜひ、受診しましょう。 

乳児一般健康診査受診票の交付を受けられる場所(市内3か所)

都城市保健センター〔中心市街地中核施設Mallmall(まるまる)内〕
電話:0986-36-5661

曜日と時間 

  1. 月・火・水・金曜日・第2日曜日の午前8時30分~午後5時15分
  2. 木曜日の、午前8時30分~午後7時

東部保健センター(高城保健センター内) 電話:0986-58-6800

曜日と時間

月曜日から金曜日の午前8時30分~午後5時15分

西部保健センター(高崎福祉保健センター内) 電話:0986-62-4411

曜日と時間

月から金曜日の午前8時30分~午後5時15分

※3か所いずれの日時も、12月29日から1月3日までの期間と祝日を除きます。

乳児一般健康診査受診票の交付を受ける時

妊娠の届出(母子健康手帳の交付申請)時に、妊婦健康診査に関する各種助成券とともに交付します。なお、他市町村から転入した場合は、上記の「交付を受けられる場所」まで問い合わせください。

※転入の場合は、都城市こども課窓口(0986-23-2684)でも対応します。

交付する書類一覧

乳児一般健康診査受診票:2枚

使用方法

  • 対象者は、受診日において都城市に住民票のある乳児です。
  • 使用できる期間があります

※1回目は生後3か月から6か月、2回目は生後7か月から11か月(1歳の誕生日の2日前)です。

  • 宮崎県内の医療機関のみ使用できます。
  • この受診票で治療を受けることはできません。健康保険による診療を受けた場合は、自己負担金が発生しますのでご注意ください。
  • 健診結果の記録を行いますので、受診時は母子健康手帳を必ずお持ちください。

健診の結果、詳しい検査が必要と診断された時

都城市保健センターにて乳児精密健康診査受診票を交付しています。受診時に必要な書類となります。余裕を持って交付申請ください。

乳児精密健康診査受診票の交付を受ける方法

  1. 受診医療機関先にて健診結果の記載を受けた母子健康手帳と印鑑(スタンプ式印鑑は不可)を、都城市保健センターへお持ちください。
  2. センターにて「乳児精密健康診査申請書」を記入します。
  3. 申請内容を確認の上、「乳児精密健康診査受診票」を交付します。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?