ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 農業委員会 > 農地 > 農地の賃借料などを決めるときは「賃借料情報」を活用ください

本文

農地の賃借料などを決めるときは「賃借料情報」を活用ください

記事ID:0004270 更新日:2021年2月2日更新

「賃借料情報」とは、過去1年間に実際に締結された賃借料について、平均額などを算出した実勢の賃借料のことです。この「賃借料情報」を参考にして、貸し手、借り手で十分な話し合いを行った上で、賃借料を決めることになります。
※「賃借料情報」に拘束力はありません

都城市の農地賃借料情報

令和2年1月から令和2年12月までに締結(公告)された賃借料における賃借料の水準(10アール当たり)は、次の通りです。

令和2年の農地賃借料 [PDFファイル/95KB]

※賃借料情報(実勢価格)は、過去に「貸し手」と「借り手」の話し合いにより決められた金額を整理したものであるため、締結年や締結件数により変動します。このため、賃借料を決める場合には、賃借料情報を目安としつつ、収穫量、ほ場の条件、土地改良費などを踏まえて、貸し手、借り手双方で話し合いを行い納得の上で決めてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?