ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農政部 > 農産園芸課(本庁舎4階) > 堆肥に残留した除草剤成分(クロピラリド)による生育障害が発生しています

本文

堆肥に残留した除草剤成分(クロピラリド)による生育障害が発生しています

記事ID:0003449 更新日:2019年10月29日更新

近年、除草剤(成分名:クロピラリド)が残留した輸入飼料を与えた家畜のふん尿を原料にした堆肥を利用したことで、トマトやスイートピーなどの生育障害が疑われる事例が全国各地で確認されています。堆肥を施用する際は注意が必要です。

詳細情報

詳細については、次のホームページを参照ください。

クロピラリド関連情報(宮崎県)<外部リンク>

クロピラリド関連情報(農林水産省)<外部リンク>

 


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?